失敗しない!後悔しないための腕時計の選び方

文字盤の種類は決めてから

腕時計を選ぶ際、1番はっきりと違うのはデジタルなのかアナログなのかですよね。見た目のデザイン重視にしてしまうと実際これじゃない方が、と後悔の要因になってしまいます。そうならないためにまずはどちらか決めましょう。そしてデジタルなら多機能のものを選ぶか時計のみの見やすいものにするか。また、アナログのものであれば数字の大きさや文字の種類からデザインのバランスや秒針の有無をチェックして用途に合った時計を選びましょう。

ベルト部分にもこだわりを

ベルトは腕に巻く部分で見た目に大きな影響を与えます。その上着脱の方法は買ったけど使わないで引き出しの肥やしにしないために意外と大切なポイントになります。金属アレルギーの方は革など別の素材を選ぶようにしているとは思いますが、それ以外の方も実は今までと違うタイプをつけてみるのも面白いですよ。腕に装置する方法も腰のベルトのように穴を通すベーシックなタイプの他、着脱の回数が多い場合は簡単に外せるものを見つけると今より時計がグンと身近になるはずです。

プラスαの機能にも注目

今どき腕時計はしないでスマホの画面を見るだけという方も多いと思います。そんな時代にも時計をつけるには何か他にもメリットが欲しいところですよね。たとえば最近はデザインだけでも文字盤に被さる部分を作り意図的に見えないようにしてブレスレットに時計が付いているようなオシャレなものもあります。他にも昔からあるストップウォッチ機能や方位磁石の他に録音機能付きなんてものもあるそうで、ライフスタイルに合わせてそういったプラスの面も楽しんでみてはいかがですか?

フランクミュラーとは、スイスの時計師であり、高級時計メーカーでもあります。特徴は縦長のデザインで文字盤や文字も面白く逆文字盤などがありとてもおしゃれな時計です。


美味しい水と言えば天然水!その特徴とは?

天然水は採水地によって違う?

近年では水は購入して飲む人も増えていますよね。水道水ではカルキのにおいがしたり、また何か含まれているのではないかと心配に感じている人も多いようです。水を購入しようと実際に調べて見ると天然水を多く見かけると思います。しかし天然水を調べて見ると色々な場所の天然水があってどれがいいのか悩んでしまいますよね。実は天然水は採水地によって異なっているのですよ。採水された場所によって水の特徴が異なっているのでじっくり調べてみましょう。

天然水が美味しいわけとは?

天然水は美味しいと良く言われていますが、その理由について知らない人も多いと思います。天然水は雨や雪が地表に染み込んで自然によってろ過された水なのです。長い年月をかけてゆっくりとろ過され、ミネラル分が豊富に含まれているのです。自然が作りだした水であり、ミネラル分が豊富なため美味しい水になっているのです。飲むと甘さを感じる天然水もあるほどなのですよ。ミネラル豊富なため美味しいだけでなく栄養も取り入れる事ができるのです。

天然水のミネラルとは?

天然水にはミネラルが豊富に含まれていると言われていますが、どのようなミネラル分が含まれているのでしょう。一般的なのがカルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・バナジウムなどです。中でもバナジウムは血糖値を下げる効果があると期待されているのです。毎日水を飲むことによって健康になれるのであれば積極的に取り入れたいですよね。また日本の天然水はほとんどが軟水であり、口当たりが柔らかく和食にもとても合うのですよ。

水のトレーサビリティとは、水の生産方法、流通、販売の段階で流れを把握することで、水の安全のために行うものです。

赤ちゃんの水の情報はこちらから