昔ながらの暖かみがあるゼンマイ仕掛けの機械時計

機械式時計って何だろう

世界にはあらゆるデザインの時計がありますが、ほとんどの時計は電気や電池で動いています。人気メーカーのオシャレな時計や電波時計も電気や電池で動かします。しかし今から40年ほど前に使用されていた時計は何とすべてがゼンマイで動いていたのです。科学技術の発達した現代とは違い、1個1個丁寧に時計職人が組み立て作っていたそんな時代もあったのです。ゼンマイ仕掛けの時計は、歯車が回転することで緩やかに針が動きますが、このようなゼンマイで動く時計を機械式時計と呼ぶのです。

いろいろな時計がある

時計は機械時計とクォーツ時計に分けることが出来ます。この二つは時間の計測方法によって分けていて、「ぜんまい」の振動で計測するのが機械式、電圧のかかった水晶の振動で計測するのがクオーツ式と呼ばれています。その他には原子や音叉の振動による一定リズムの振動で計測する時計もあります。機械式はとても古くから使用されていた時計ですが、クォーツ式に比べて精度が落ちるので、1970年以降ではほとんど作られることが無くなりました。ところが近年、一昔前の優しい雰囲気を醸し出している暖かみのある機械式時計が人気を呼んでいます。

機械時計の使い方と手入れ

機械時計のゼンマイはいつどのくらい巻けば良いから分からないという質問も多く、ゼンマイは1日1回、会社へ行く前や学校へ行く前などと日々の決めた時間に最後までしっかり巻いたほうが良いでしょう。同じ時間でゼンマイを巻くことで時計の精度が安定します。1日に何回も何回も巻いてしまうとゼンマイの故障に繋がります。機械時計の場合は常時、動いている方が歯車などの回転部分に潤滑油が適度になじみます。3か月も4か月も止まったままでいる方が潤滑油を固めてしまうことになり兼ねません。

ウブロとは、スイスの高級時計メーカーのことです。この時計は有名人や芸能人の間で愛用している人が多いです。

よくわかる!hublotの関連情報

何を選ぶ?東京土産にふさわしい品の選択肢

観光名所のキーホルダー!安くて選びやすい東京土産

お土産を選ぶのは、意外と難しいものであり、相手のことを考えるとあまり難しい物を選ぶわけにもいきませんよね。またお土産を購入するにはお金が必要ですから、多くの人に配ることが前提であるならばば、あまり費用が掛けられません。東京の観光名所では、現地の観光名所にちなんだキーホルダーがー販売されていることが多いでしょう。東京土産とする分かるようなデザインを持ったキーホルダーであれば、希少性が高く魅力的です。

東京下町の味!ご飯のお供になる佃煮のお土産

東京は東京湾を有していて、豊富な海産資源にも恵まれていることから、東京湾で摂れる海産物を活かし古くから佃煮が親しまれてきました。東京下町には今も、佃煮の味が受け継がれています。東京土産として、佃煮を選んでみるのもいいでしょう。ご飯は日本人にとっての主食であり、佃煮はご飯の味を引き立てることができる魅力的な食材です。東京下町の伝統の味を堪能できるお土産は、年配の方々を始めとして多くの人に楽しんでもらえますね。

東京の名パティシエが作る!特別な品質のデザート土産

東京は日本の首都であると共に、世界でも有数の都市でもあります。日本や世界中から人が集まる場所であり、料理界からも注目されています。東京には優れたパティシエたちがいて、お菓子作りのために腕を磨きあっています。東京の名パティシエたちが作るスイーツを、東京ならではのお土産として持ち帰るのもいいものです。本格的なスイーツの味を楽しむことができる機会であるだけに、東京のスイーツ土産を選ぶのにも力が入ります。

スカイツリーの土産は様々なものがありますが、スイーツなど、スカイツリー限定の品などが人気となっています。