あなたは大丈夫!?結婚式のお呼ばれマナー

主役は新郎新婦!ドレス選びに気を付けよう

結婚式といえば、新郎新婦が主役の一生に一度の大切な日です。そんな大切な日にお呼ばれされたのだから、着ていくドレスにもついつい気合が入ってしまいます。ここで、避けるべきドレスがどんなものなのか予習しておきましょう。まずドレスの色は白っぽく見えないものを選ぶことが大切です。花嫁さんのウェディングドレスと被ってしまう白いドレス、ドレスがそうでなくても白っぽいボレロやストールも座っているときに白く見えてしまうので注意が必要です。

自信があっても見せるのはマナー違反!

ドレスで着飾っていれば、ボディラインに自信がある女性はタイとなドレスを着たり肩を出したり脚を出したりしたくなりますよね。しかし!お呼ばれ結婚式はあくまでも新郎新婦をお祝いするべき場所。過度の露出は違う意味で周囲の視線を引いてしまうことも・・・。また、爽やかな印象にかけてしまい、場違いな感じになってしまいます。いつでもキレイでいたいと思うのは当然ですが、自分が一番目立つのは自分の結婚式に取っておきましょう!

意外とやりがち?真っ黒コーディネート

結婚式にどんなドレスを着ていったらいいか迷ったとき、大半の女性は黒いドレスを候補に入れるのではないでしょうか?黒いドレスを中心に挿し色の効いたコーディネートであれば問題ありませんが、意外とやってしまいがちなのは全身黒っぽいコーディネートでまとめてしまうことです。真っ黒になってしまうと、なんだか華やかなお祝いの雰囲気とはかけ離れてしまいます。お呼ばれ結婚式のドレス選びは結構気を使うものですが、一番大切なのは主役の二人をお祝いしたいという気持ちです。

夜のお仕事をしている方の中には、もっとお客に喜んでもらうことができるようなドレスが欲しいと考えている方もいるでしょう。もし、そんなクオリティの高いものが欲しいのならば、専用の通販サイトを利用してみることをオススメします。肌触りが良く、より魅力を引き立てることができるようなものを素早くお取り寄せすることができて快適です。

これでばっちり!ロングドレスの情報

ヘルシーな上においしい!みんなが大好きな和菓子

美容と健康が気になるなら和菓子が最適

和菓子は小豆をベースにしたお菓子ですので、とてもヘルシーです。小豆は良質な植物性たんぱく質ですし、和菓子は脂肪分が少ないので、美容と健康が気になる方には特におすすめしたいですね。また、和菓子はサイズが小さめなのに、ずっしりと重量感があるために食べごたえがあります。そのために、過食を防ぐことができますので、ダイエットにも適しています。もしもスリムなプロポーションを目指しているなら、おやつには和菓子を選びましょう。

バラエティ豊かな和菓子

和菓子にはさまざまな種類がありますので、季節やイベントに応じて選べます。熱いお茶と一緒にいただく羊羹はとてもおいしくて人気がありますが、真夏には涼しげな味覚の水羊羹が好まれます。また、お花見には桜餅が適していますが、お月見には団子が選ばれます。和菓子は種類が豊富なので、一年を通して楽しめます。そのために、和菓子が懐かしい思い出に繋がることが増えますから、家族や友人との絆を再確認することもできますね。

誰からも愛される和菓子

饅頭やせんべい、鯛焼きなど、おやつとして誰もが好んで和菓子を食べています。種類がとても豊富ですから、お気に入りを自由に選んで楽しめます。また、和菓子の中には、子どものお小遣いでも買える値段も駄菓子もあります。きっと、お小遣いを握りしめて駄菓子を買う思い出を誰もが持っているはずですよね。誰もが気軽に食べられる和菓子はたくさんありますので、子どもの頃の懐かしい思い出として、会話が盛り上がることがよくあります。

ずんだ餅は、すりつぶした枝豆に砂糖を混ぜた餡をおはぎのように餅の外側にまぶしたものです。仙台など東北地方の名物です。緑色の鮮やかな餡に目も心も癒されます。そしてあっさりとした餡は甘い物が苦手でも食べられます。また、枝豆の粗くすりつぶした状態のざらりとした舌触り、枝豆の香りなど、好きな人にとっては大きな魅力です。

ずんだのお取り寄せをお探しの方はこちら
この記事を読んだ人はこちらも読んでます